IMPACT WEEKフラッシュセール!マイプロテイン50%オフ|詳しくは記事にて解説

【2021年振り返り】ブログ2年目の活動報告など

4 min

こんにちは!もるです。

2021年度も終わり、2022年度に入りましたね。

年初に書きかけていた本記事も、気づけば4月の投稿となりましたが、2021年の活動記録をまとめていきます。

昨年はブログ飛躍の年かつ、ライターやYouTubeに手を出したりと、ターニングポイントな年でした。

自分の備忘録のための雑多な内容になりますが、どうぞご覧ください。

副業2年目の振り返り

まずは2021年の副業活動をサラッと振り返っていきます。

雑記ブログ運営2年目

2019年12月にブログを開始し、2021年はブログ2年目の年。

1年目は月1万円すら到達できていなかったところ、転機到来。

なんと、月収が10万円を突破しました。

https://twitter.com/moru_blog/status/1377367488107737089?s=20

月6桁はブログ開設当初から目標にしていたので、めちゃくちゃ嬉しかったです。

達成したのはブログを始めて1年と4ヶ月目

やはりブログ運営は、これくらい長いスパンで取り組まないとダメですね。(1年目は最初の半年しか更新してなかったから、継続していればもっと早くゴニョゴニョ…)

ただ2021年7月のGoogleアプデでアクセスが半減し、収益もガクッと低下。

そのまま更新も止めてしまい、今では月数万円の低空飛行です。

メディア運営スキルはかなり身についたので、また頑張りたいところですね。

ガジェット関連のライター活動開始

2021年3月より、ライターとしての活動を開始しました。

https://twitter.com/moru_blog/status/1374458269247315974?s=20

あるメディアの募集に応募し、テスト執筆を経て採用いただくことに。

その後月3~4件のペースで寄稿しています。

ブログとの大きな違いは、以下です。

ブログ運営とライター活動の違い
  • 納期のプレッシャー
  • 書き方・内容にかなり気を遣う
  • フロー型だけど確実な収入

初めて寄稿した時の感想は

自分のブログ記事かくより大変すぎる!

もる

もる

でした。

メディアに合わせた文体が必要なので、こんな砕けた適当な表現はダメです。

記事内容によってはエビデンスが超重要で、リサーチ作業に時間がかかることかかること、、

自分のブログで好きなように書くのとはワケが違いました。

本音としては、ストック属性の強いブログにもっと力を入れたい…。

それでもライターを続けているのは、こういった理由からです。

ライターを継続している理由
  • 実績を積みたい
  • ライターとしての人脈作り
  • ライティングスキルを向上させたい
  • フロー型でもやっぱり収入は嬉しい

大変ですが学びも多く、ライティングスキルの向上や、書けるジャンルの幅が広がっている実感があります。

ライターを継続してコンスタントなフロー収入を得つつ、実績を重ね、自分のスキルを上げ、将来的なジャンプアップにつなげたい。

そんなことをゆる〜く考えながら、ライター活動を続けていきます。

YouTubeチャンネル運営開始

2021年5月より、YouTubeチャンネル運営を開始しました。

https://twitter.com/moru_blog/status/1390228313709314050?s=20

このツイートはYouTubeのことで、ある縁からチャンスの芽が見えたので、思い切って飛び込むことに。

一人ではかなり大変そうだったので、友人や妻にも参加してもらい、4人体制で開始しました。

月100時間捧げながらも再生回数が伸びない時期を乗り越え、なんとか約4か月で登録者1000人に到達

https://twitter.com/moru_blog/status/1433755483572109312?s=20

YouTubeもブログと同じく、競合や更新頻度を意識しながら取り組んでいました。

編集は凝っていませんが、動画編集・サムネ作成など、学びも多かったですね。

何より登録者1000人に至るまでの試行錯誤がめちゃくちゃ勉強になりました。

今では伸びが鈍化し、モチベも低下して低空飛行中ですが。笑

せっかく収益化できたチャンネルなので、もう一踏ん張りしたいところです。

初めての青色申告

収益がジャンプアップしたこともあり、2021年は初の青色申告の年。

正直、めちゃくちゃ大変でした。

特にアフィリエイトは「収益発生」→「確定(キャンセル)」→「振込」というステップを経るので、考え方がサッパリ分からず。

  • ASP収益はどのタイミングでどういう記帳をすれば良いの?
  • ASPによってそれぞれのタイミングが違うのはどうする?
  • ライターでの源泉徴収は?
  • ライターで立て替えたお金は?
  • 不動産投資の記帳は?青色になるの?
  • 経費ってどこまで計上できるの?

など、分からないことだらけ。

しかもこういう情報って、調べてもなかなか出てこないんですよね。

ただありがたいことに市の無料の記帳指導があり、月に1時間×4回、税理士の指導を受けられることに。

結果、疑問も解消でき、青色申告(65万円の税控除デカすぎる!)を完了しました。

かなりややこしい部分もあったので、自分と同じ悩みを持ってる人向けに、この学びを記事に残したいな~とも思ってます。

本業の振り返り

本業についても簡単に振り返っていきます。

機械エンジニアから知財部員へ

入社以来、メーカーの機械エンジニアとして働いてきました。

ですが色々と考えた末に、知財部員としての新しいキャリアに飛び込むことに。

理由は以下です。

  • 現業務がニッチな分野なので潰しが効かなそう
  • 同じ部署、同じプロジェクトが長く、マンネリ化
  • 知財部員なら、他企業・特許事務所など転職しやすそう
  • 弁理士資格を取ればなお安泰
  • 機械エンジニアとしてのキャリアを生かせる
  • 弁理士として独立する選択肢も

機械エンジニアは希望して入る人が多い職種(部署)なのもあり、優秀な人・技術に長けている人が多いんですよね。

競争も激しく、そこで勝つためにすべき正解もはっきりせず、仮に努力しても報われるかは分からない

業務のプレッシャー・ストレスも大きく、長く続けたいと思える職種ではありませんでした。

副業にリソースを注ごうと本ブログを始めたのも、そういった理由からです。

知財部員としてのキャリア

一方で知財は学問的な属性が強く、ある程度何を勉強すれば良いかがはっきりしています。(若手が少ないので競争面でも〇)

弁理士資格を取れば社内評価が上がりますし、転職・独立の道も見えてきます。

あとはこれまでのキャリア・専門性が生かせるというのも大きいです。

副業独立ルートの場合、大学→大学院→機械エンジニアのキャリアがほぼ死ぬことになるので。

そしてあまり大きな声で言いたくはないんですが、知財×ブログにポテンシャルを感じたんですよね。

「機械エンジニアのキャリア」×「今後の知財キャリア」×「ブログスキル」を全て生かせますし、その分野で地位を確立するのも面白そうだな~と。

やはりブログは軸にしていきたいので、改めて力を入れたいところです。

まだ職種が変わって数か月ですが、今のところは仕事も楽しく良い感じです。

環境が変わったおかげか、モチベも湧き上がってきました。

というわけで、知財部員として今後は頑張っていきます!

まとめ

2022年~2023年の目標をまとめます。

  • 知財専門ブログ立ち上げ
  • 記事を増やしつつ、~2023年は知財の勉強に集中
  • 2023年度弁理士試験合格
  • 雑記ブログ・ライターも支障にならない範囲で継続

元々は機械エンジニアのままブログに全振り→独立を考えていましたが、知財ルートの方が面白そうなので方向転換しました。

しばらく経ったら考えが変わっているかもしれませんが。

ひとまずは上記目標に向け、本業・副業ともに全力で取り組んでいきます。

もる

もる

読んでいただきありがとうございました!

もる

もる

徹底したリサーチと新しいモノが好きな機械エンジニア。
自分の備忘録兼、誰かの役に立てばという想いで記事を綴っています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。