【比較レビュー】CocoonからTHE SONICへのテーマ変更の心配事や手順まとめ

6 min

 

もる

もる

こんにちは!もるです。

2019年12月にブログを始めてから約4ヶ月。

ワードプレステーマはずーっとCocoonを使ってたんですが、遂にテーマ変更しました。

変更先は2020年3月29日に発売されたばかりのTHE SONICです。

 

使い勝手の良いCocoonからの移行だったので、不便なところが出てこないかという不安もありました。

しかし結果としては、もうTHE SONICからのテーマ変更は考えられないくらい大満足!!

 

ちなみにテーマ変更時の僕の属性はこんな感じ↓ 

筆者について
  • ブログ運営5ヶ月目
  • 50記事投稿
  • 元テーマはCocoon
  • Gutenbergを使ってる

と言うことで、Cocoon × Gutenbergを使ってる人向けの記事になります。

気になってる方の参考になれば幸いです!

 

Cocoon → THE SONICへテーマ変更した理由

Cocoon → THE SONICへテーマ変更した理由

実はブログを始めて3ヶ月間くらいは、有料テーマにする気はありませんでした。

ブログ運営2ヶ月目の報告でも、最初の頃は記事を書くことにフォーカスすべきで、無料×執筆に集中できるCocoonが良いと言ってたり。笑

そんな僕がなぜ有料テーマを買うに至ったのか?

 

デザインいじりたくなったんでしょ?

MP

MP

もる

もる

その通りです…

ブログ1ヶ月目にCocoonのデザイン一括設定をいじってから、ずっとそのまま。

記事執筆にも慣れてきたので、そろそろ見栄えも良くしたいな~と。

そこにTHE SONICのリリースが重なり、購入を決意しました。

 

購入前には、一足先にTHE SONICを試していたテスターの方々のレビュー記事を読み漁っていました。

あとTHE SONICはご存じの通りとにかく速い!!

なので無駄に色んなページに飛んで、テンションを上げてました。笑

 

Cocoon → THE SONICのテーマ変更で気になったこと

Cocoon → THE SONICのテーマ変更で気になったこと

レビューを読むほどに高まるTHE SONIC欲。一方で

もる

もる

Cocoonめっちゃ便利だし、不便なところとか出てこないかな…

という不安もありました。

 

気になってたこと
  1. アドセンス広告を自由に設置できる?
  2. デザインを簡単に変更できる?
  3. 吹き出し機能は簡単に使える?
  4. プラグインは少なくて済む?
  5. 執筆のしやすさは?

主に気になっていたのは、Cocoonのメリットと言われてる点がTHE SONICに変更後どうなるか

実際にTHE SONICに変更してどうだったか、一つずつ解説していきます!

 

アドセンス広告を自由に設置できる?

Cocoonではアドセンス広告を好きな位置に設定できます。

そのため自動広告はオフにして、自分の好きなところに広告を設置していました。

その内容は>>Cocoonのおすすめアドセンス設定方法でまとめています。

 

もる

もる

THE SONICだと自動広告にすることになるのかな~

と思っていましたが、THE SONICでも同様の機能があり自由に設置できました

 

以下のようなウィジェット一覧があり、自在にカスタマイズできます。

THE SONICでのアドセンス広告設定方法

例えばサイドバーの一番上に広告を設置したい場合は、こんな感じになります↓

THE SONICでのアドセンス広告設定方法

 

もる

もる

Cocoonと設定方法は違いますが、自在に設置できました!

詳しい設定方法は公式サイトの>>条件に合わせて広告を出し分ける「ウィジェット」の使い方でまとめられています。

 

デザインを簡単に変更できる?

Cocoonではスキン設定で、ブログ全体のデザインを簡単に変更できます。

全てをCSSでカスタマイズすることになったら大変そうだと心配してたんですが、、

THE SONICではCocoon以上にお手軽にデザイン変更ができました

 

変更できるデザイン
  • 記事一覧|見出しデザイン(4)
  • 記事一覧|カードデザイン(9)
  • 記事|シェアボタンのデザイン(5)
  • 記事|目次のデザイン(5)
  • 記事|h2見出し(6)
  • 記事|h3見出し(6)
  • 記事|h4見出し(6)
  • 記事|書いた人のデザイン(4)
  • 記事|関連記事のデザイン(3)
  • ページ送り|カードデザイン(PC)(2)
  • ページ送り|カードデザイン(スマホ)(4)
  • サイドバー|見出しのデザイン(8)
  • サイドバー|検索ボタンのデザイン(3)
  • サイドバー|書いた人のデザイン(4)

参考:THE SONIC公式サイト

これだけの項目をワンクリックで簡単に変更できます。

 

もる

もる

変化を見ながら自由に設定できるので、かなり便利です。

詳しい設定方法は公式サイトの>>THE SONICの特徴まとめ|ブログを1UPさせるWordPressテーマでまとめられています。

 

吹き出し機能は使える?

Cocoonでは、ビジュアルエディタ上で簡単に吹き出しを挿入できます。

事前に吹き出しを作っておくと、こんな感じにドロップダウンから選択できますよね↓

THE SONICで吹き出し機能の使い方

 

Cocoonも文句なしで便利だったんですが、THE SONICでは

  • エディタ上でも簡単に編集できる
  • よく使うふきだしを登録できる(マイセット)

ということでワンクリックで吹き出しを挿入できるうえに、使い勝手がかなり良いです!

 

実際の編集画面はこんな感じ↓

THE SONICで吹き出し機能の使い方

このようにエディタ上でも画像や文字・線・背景の色を簡単に編集できます。

 

一方で…

Cocoonでは登録しておける吹き出しの数に制限がありませんでしたが、THE SONICでは10個までとなっています。

個人的にはもっと多く登録できると嬉しいなぁと。(表情違いのアイコンが12種類あって、マイセット10個じゃ足りない…笑)

 

プラグインは少なくて済む?

Cocoonでは、導入するプラグインが少なくて済みました。

でもTHE SONICもCocoonと同じくらい少なくて済みます

 

THE SONICの機能を使うために、以下の専用プラグインを導入する必要があります。

  • THE SONIC Gutenberg Blocks
  • THE SONIC SEO Plugin

 

ですがCocoonからテーマ変更するにあたって、追加したのはこの2つだけ。

THE SONIC自体が機能てんこもりのため、プラグインで追加する必要がほとんどないんですね!

詳しくは公式サイトの>>THE SONIC 推奨プラグイン一覧にまとめられています。

 

もる

もる

『プラグインをできるだけ使わないテーマ』を目指してるとのことなので、非常に嬉しいです^^

 

執筆のしやすさは?

CocoonではGutenbergで直感的に記事が書け、非常に助かってました。

しかしTHE SONICではCocoonを上回る執筆のしやすさです!

 

Gutenbergでは『段落ブロック』ってよく使いますよね。

THE SONICではこの『段落ブロック』も簡単に装飾可能なんです。

こんなのとか

こんなのとか

こんなのも

こんなのも

ワンクリックですぐに表示できます。

 

Cocoonだと

  1. クラシックブロックを開く
  2. 装飾を選ぶ

と2ステップだったのが、1ステップになります!

 

もちろん段落以外にも

  • ボタン
  • リスト
  • グループ

などなど、簡単にカスタマイズできるブロックもたくさん。

詳しくは公式サイトの>>表やボタン、リストなどパーツデザイン一覧|自由に設定が可能でまとめられています。

 

ですのでCocoonからTHE SONICに移行して、執筆面で困るということはありません。

もる

もる

簡単にオシャレに装飾できるので、執筆がより楽しくなりましたね!

 

Cocoon → THE SONICのテーマ変更でやったこと

Cocoon → THE SONICのテーマ変更でやったこと

THE SONICの機能自体は大満足。

けどテーマ変更時にやらなきゃいけないことが大量にあって大変だったんですよね。。

という訳でCocoonからTHE SONICに移行する際にやったことをまとめてみました。

テーマ移行時にやったこと
  1. 公式サイトに沿って移行
  2. 吹き出しの修正
  3. ボックスの修正
  4. ブログカードの修正
  5. メタディスクリプションの書き直し

 

公式サイトに沿って移行

まずは公式サイトのマニュアルに沿ってインストールし、設定していきます。

基本設定自体は簡単にできます。

問題はその後です

 

吹き出しの修正

テーマ移行すると吹き出したちはCocoonの枠から飛び出し、巨大な画像となって現れます。

Cocoon → THE SONICのテーマ変更で大変だった吹き出しの修正

僕の場合は1024×1024のアイコンを吹き出しに使ってたので、存在感がなおさら凄かったです。笑

そのため

  • この巨大な画像を消す
  • THE SONICで改めて吹き出しを作る

という作業をひたすらしました。

 

もる

もる

吹き出し多用×記事数が多いとかなり大変です。

 

装飾ボックスの修正

Cocoonで使える、こういった便利な装飾ボックスたちですが

Cocoon → THE SONICのテーマ変更で大変だった装飾ボックスの修正

THE SONICへの移行後は対応していないため、このようなエラーが出てしまいます。

Cocoon → THE SONICのテーマ変更で大変だった装飾ボックスの修正

 

そのためTHE SONICでボックスを作り直さなきゃいけないんですね。

文字情報はそのまま表示されますが、装飾はなくなって見栄えが悪くなるので全て修正しました。

 

もる

もる

これも結構大変でした。。

 

ブログカードの修正

Cocoonだと、URLを段落ボックスに貼りつけるだけでブログカードが作れました。

これがTHE SONICへの移行後は崩れてしまうので、改めて作り直す必要があります

THE SONICでは『内部/外部リンクブロック』があるので、これを設置してURLを貼りつけました。

 

もる

もる

URLの貼り付けだけでブログカードが作れたCocoonはかなり便利でしたね…!

 

メタディスクリプションの書き直し

Cocoonのメタディスクリプションはテーマ依存のため、THE SONICに引き継がれません。

そのため

  • メタディスクリプションをどこかにコピペしておく
  • THE SONICへテーマ変更
  • THE SONICのメタディスクリプションに貼りつける

という作業が必要になります。

 

エディタ画面の右側のバーにある抜粋はワードプレス本体依存で引き継がれるので、メタディスクリプションを抜粋に貼りつけておくと、コピペ作業が楽になります

Cocoon → THE SONICのテーマ変更で大変だったメタディスクリプションの書き直し

 

もる

もる

ちなみにこれはリリースキャンペーンのDiscordコミュニティで紹介されていたものです。参考にさせて頂きました^^

 

THE SONICへのテーマ変更は大満足でした

THE SONICへのテーマ変更は大満足でした
THE SONICへのテーマ変更まとめ
  • Cocoonは本当に使いやすいテーマ
  • だけどTHE SONICはそれを上回るほど使いやすい!
  • そのうえページ高速化などのメリットもたくさん
  • 価格とテーマ移行の手間を許容できる方には、本当におすすめ!

まだテーマ変更したばかりで全ての機能を使いこなせてる訳ではありません。

ですがこれから色んな機能を使ったり、記事を書いていくのが楽しみでワクワクしてます^^

 

また本記事は

もる

もる

CocoonからTHE SONICへのテーマ変更で、不便になることはほぼないよ!

というのが伝わればいいなと思ってまとめてみました。

Cocoonは使い勝手がよく執筆に集中できるテーマなので、移行先で困らないか心配になりますよね。

ですがTHE SONICは想像をはるかに上回る素晴らしいテーマでした。

 

特にブログ初心者の方は無料のCocoonから入る方が多いんじゃないかな~と思います。

そんな中でもしTHE SONICが気になっているのであれば

  • THE SONICは素晴らしいテーマ
  • Cocoonから移行して不便なところはほぼなし
  • 記事数が増えてくるとテーマ変更が大変

という理由から、早めにテーマ変更することをおすすめします…!

本当にこれ、100記事や200記事だったら心が折れてたと思うので。笑

本記事がテーマ変更の参考になると嬉しいです。

 

もる

もる

以上、THE SONICとCocoonの比較レビューでした。

もる

もる

徹底したリサーチと新しいモノが好きな機械エンジニア。
自分の備忘録兼、誰かの役に立てばという想いで記事を綴っています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。