【新Kyash一択】改悪後のKyash Cardを全て比較してみた

4 min
もる

もる

こんにちは!もるです。

2020年4月より、新Kyash Cardの提供が始まりましたね!

僕のもとにも届いたので早速使っています。

しかしKyash Cardは何度か改悪されたり種類も3つあったりと、どのカードが良いのか少し分かりづらかったりしますよね。

 

現在、Kyashは以下の3種類のラインナップです。

  • Kyash Card(新しいやつ)
  • Kyash Card Lite(リアルカード)
  • Kyash Card Virtual(オンラインのみ)

そこで本記事ではこれまでどう改悪されてきたかや、3種類のKyash Cardの違いをまとめてみました。

この中で使うなら絶対的に新しいKyash Cardがおすすめなので、その点を中心にまとめています。

 

もる

もる

Kyash Cardが気になってる方はぜひ参考ください!

 

 

 

Kyash改悪の歴史

Kyash改悪の歴史

Kyashは元々2%の還元率でした。

しかし下記の改悪が重なり、還元率は0.5%にまで下がろうとしています。

  • 2019年9月に還元率が2%→1%
  • 2020年5月に還元率が1%→0.5%

 

2019年9月の改悪(2%→1%)

2018年6月のリアルカード発行と併せて始まった2%キャッシュバックですが、2019年に終わりを告げ1%となってしまいました

この頃はネット上で改悪を嘆く声を多く見かけましたね。

 

もる

もる

ですがKyashがお得なのは変わらないので、僕はまだまだ使えるな~という感じでした。

 

2020年5月の改悪(1%→0.5%)

そしていよいよ2020年5月にやってくるのが更なる改悪。

何とKyash Card Liteの還元率が0.5%になります。

 

もる

もる

これは流石にメリットがかなり小さいな~という印象ですね。

 

0.5%でも普通のクレジットカードを使うよりはお得です。

ですので、「まあ持ってるから使うけどおすすめするほどではない」というレベルです。

 

新しいKyash Cardは還元率1%

しかし還元率1%の新しいKyash Cardが2020年4月より始まりました。

Kyash Card Liteの還元率を0.5%に下げる分、新Kyashは1%にするからぜひこっちを使ってね~というメッセージですね。

正直Kyashを使うならこの新しいKyash一択です!

どうせなら還元率が高い方を使う方が良いですからね。

 

Kyash Card 3種類の比較

Kyash Card 3種類の比較

結論としては新Kyashがお得で便利だからおすすめなんですが、その理由を知らないと決められないですよね。

という訳でここからは新Kyashを基準にしながら、Kyash Card 3種類の違いを分かりやすく説明していきます。

新Kyash Cardの特徴
  1. 還元率が1%で一番高い
  2. 利用できる範囲が広い
  3. 決済のしやすさも一番
  4. 注意点:還元上限あり

 

還元率が1%で一番高い

まず一番大きな違いは還元率です。

Kyash CardKyash Card LiteKyash Card Virtual
年会費0円0円0円
発行手数料900円300円無料
ポイント還元率1%0.5%
(4月中は1%)
0.5%

Kyash Cardのみ1%で、それ以外は0.5%となっています。

クレジットカードはどんな買い物にも使えますし、決済額も大きいですよね。

そのため還元率の差が0.5%でも、積み重なると金額はかなり大きくなります

 

例えばこちら、毎月10万円を使う場合

Kyash CardKyash Card LiteKyash Card Virtual
月の決済額10万円10万円10万円
還元率1%0.5%
(4月中は1%)
0.5%
1ヶ月の還元額1,000円500円500円
1年の還元額12,000円6,000円6,000円

このように、1年間で6,000円の差額となります。

新Kyash Cardは発行手数料として900円かかりますが、正直誤差レベルです。

還元率0.5%の差が長期的に効いてくるので、早く発行して使い始める方がお得ですね!

 

利用できる範囲が広い

決済に関してまとめると以下の通りです。

Kyash CardKyash Card LiteKyash Card Virtual
ICチップ
(4桁暗証番号)
Visaタッチ決済
国内利用オンライン決済のみ
海外利用オンライン決済のみオンライン決済のみ

Kyash Card Liteだと、以下の支払いでは利用できません。

  • 4桁の暗証番号入力が必要な加盟店
  • ICチップの読み取りが必要な加盟店
  • 海外の実店舗

ですが新Kyash Cardでは上記の店舗でも利用できます

 

もる

もる

日常的に使うものなので、少しでも使い勝手の良い方が嬉しいですね。

 

ただしガソリンスタンドなど一部利用できないお店もあります。詳しくはKyashの利用可能なお店にて。

 

決済のしやすさも一番

Kyash Cardは決済について以下のような上限があります。

Kyash CardKyash Card LiteKyash Card Virtual
1回の決済上限30万円5万円3万円
(認証なし:5千円)
月の決済上限100万円12万円12万円
(認証なし:2万円)

Kyash Card LiteとKyash Card Virtualは、決済上限が小さいので気を付ける必要があります

家電などの少し大きな買い物はできない上限になってますからね。

また月の上限が12万円と言うのも、月によっては超えそうです。

その点、新Kyashは気兼ねなく使えるので便利です。

 

注意点:還元上限あり

Kyash Cardは還元対象の決済上限が12万円となっています。

Kyash CardKyash Card LiteKyash Card Virtual
月の還元対象決済上限12万円12万円12万円

12万円を超えた分はポイント還元されないんだね

MP

MP

もる

もる

でもKyashにチャージする時は還元されるから問題なし!

 

Kyashは

  1. 別のクレカからKyashにチャージする時
  2. Kyashで支払う時

とポイントを二重取りできるのが良いところですよね。

12万円を超えるとKyashで支払う時の還元は無効になりますが、別のクレカからKyashにチャージする時のポイントは変わらずつきます

なので普通に別のクレカを使ってると考えれば、損はありません!

 

もる

もる

しかもKyashで支払いを一括管理しておくと、後から見やすくて便利です。

 

今契約するなら新Kyash Cardが絶対おすすめ

今契約するなら新Kyash Cardが絶対おすすめ
Kyash Cardの比較まとめ
  • Kyash Card Liteは改悪され、2020年5月より還元率0.5%
  • それに代わる還元率1%となる新Kyash Cardが登場
  • お得さ、便利さの点で新Kyashがおすすめ

以上、Kyash Cardの違いと新Kyashがおすすめな理由をまとめました。

Kyashは他のクレカと併せて使える非常にお得なクレカです。

ぜひ導入を検討してみて下さい。

 

 

もる

もる

徹底したリサーチと新しいモノが好きな機械エンジニア。
自分の備忘録兼、誰かの役に立てばという想いで記事を綴っています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。