【J-westカード】ベーシックとエクスプレスの違いや切り替え方法をまとめてみた

5 min

 

J-westカードはJR西日本が発行している、新幹線やJR特急列車を割引料金で乗れるようになるクレジットカードです。

新幹線が割引になるのって結構ありがたくて、私のような電車での長距離移動が多い人には重宝するカードなんです。

 

ただJ-westカードには年会費無料の『ベーシック』年会費1,100円の『エクスプレス』があって、違いが少し分かり辛いんですよね。

 

もる

もる

正確には、違いは分かるんですがどうやって選んだら良いかが分かりません。笑

 

調べても細かい比較をした記事がなかったので、今回自分でまとめてみることにしました。

  • ベーシックとエクスプレスは何が違う?
  • どうやって選んだら良い?
  • ベーシック⇔エクスプレスの切り替え方法
筆者について
  • これまで15枚以上のクレカを契約
  • 現在は厳選した5枚を使い分け
  • J-westカードは使い始めて3年目

 

J-westカードが気になっているけどどうやって選べば良いか迷っている方は、本記事を読んだら解決します!

 

もる

もる

選び方もまとめていますが、結論から言うと迷ったらエクスプレスです!

 

J-westカードについては>>J-westカードの新幹線割引はどれだけお得?2年使ったメリット・デメリットも参考ください。

 

ベーシックとエクスプレスの違い

まずは公式サイトの比較表から見ていきます。

ベーシックは「前年に一度もショッピング利用が無ければ年会費1,100円」ですが、本記事では年会費無料と考えます。

 

見て頂けると分かりますが、実はベーシックもエクスプレスもほとんど同じで、唯一の違いはEX予約が使えるかどうかになります。

 

エクスプレスの『EX予約』とベーシックの『スマートEX』の違いは以下の通りです。

項目EX予約スマートEX
対象区間東海道・山陽新幹線東海道・山陽新幹線
決済対象のカード(J-west含む)お手持ちのカード
価格お得な割引価格駅窓口とほぼ同じ価格
乗車専用のICカードお手持ちの交通系ICカード

EX予約だと新幹線が割引価格で乗れるというのが大きなメリットですね!

 

ここがポイントで、東海道・山陽新幹線に乗る機会が多いならEX予約が使えるエクスプレスの方がおすすめということになります。

 

エクスプレスはどれくらいお得?

しかし「新幹線に乗る機会が多いならエクスプレス」と言われても、その判断が難しいですよね。

という訳で、恒例の数値比較をしていきます!(こういう細かい比較、好きなんです。笑)

 

東京~新大阪間の値段比較

まずは東京~大阪間の比較です。

チケット種類料金EX予約との差額
普通車指定席14,720円+1,100円
スマートEX(のぞみ指定席) 14,520円 +900円
スマートEX(自由席) 13,870円 +250円
普通車自由席13,870円 +250円
EX予約(指定席・自由席)13,620円

EX予約が13,620円に対して、スマートEXは自由席で250円、指定席で900円高くなります。

自由席だとあまり違いはありませんね。

 

年会費1,100円の元を取ることを考えると、以下のようになります。

エクスプレスを選んだ方が良い人
  • いつも指定席に乗っていて、年に1往復以上東京~大阪を移動する
  • いつも自由席に乗っていて、年に3往復以上東京~大阪を移動する

 

もる

もる

普段自由席の人でも、指定席に乗りたい方はエクスプレスで良いと思います。

 

新大阪~博多間の値段比較

次は新大阪~博多間の比較です。

チケット種類料金EX予約との差額
普通車指定席15,600円+2,110円
スマートEX(指定席) 15,400円 +1,910円
スマートEX(自由席) 14,750円 +1,260円
普通車自由席14,750円 +1,260円
EX予約(指定席・自由席)13,490円

EX予約が13,490円に対して、スマートEXは自由席でも指定席でも1,000円以上安くなっています。

こちらはかなり安くなっていますね!

エクスプレスを選んだ方が良い人
  • 年に一回以上新大阪~博多を片道移動する

 

もる

もる

山陽新幹線の割引額が大きいので、西日本に住んでいる人にはありがたいですね。

 

この料金比較はJR新幹線ネットを参考にしています。各切符の料金が一覧で見れて分かりやすいので、別の駅で比較したい方はこちらをご覧ください。

 

迷ったらエクスプレス!

先ほどの価格比較を見て、割引額のイメージがつきましたか?

自分の住んでいる場所や新幹線の利用頻度から、どちらが良いかを判断します!

 

もし微妙な価格差で迷うようなら、私はエクスプレスにするのが良いと思います。

理由は以下の通りです。

エクスプレスにするメリット
  1. 新幹線が割引価格で乗れる(大前提)。
  2. 自由席と指定席で悩まなくて済む。
  3. グリーン車に無料で乗れるようになる。
  4. 友人や家族の分も割引価格で購入できる。

 

いつでも気にせず指定席に乗れる

エクスプレスなら自由席と指定席の価格が同じなので、価格を気にせずいつでも指定席に乗れます。

 

安いからと苦労してでも自由席に乗っていたりしませんか?

自由席だと席が空いてるか心配になったり、自由席までの移動が大変(のぞみの場合1,2,3号車で遠い)だったりしますよね。

エクスプレスにすればその苦労からは解放されますし、何より割引価格のため乗る機会が多いほど得をすることになるので精神的にも楽になります!

 

グリーン車に乗れる

乗車区間に応じて、グリーンプログラムのポイントを貯めることができます。

利用区間に応じてポイントが貯まり、そのポイントを使うと無料でグリーン車に乗ることができます。

 

クレジットカードのポイントとは全く別のプログラムになります。

 

普段乗る機会のないグリーン車ですが、普通に新幹線を利用しているだけで勝手にポイントが貯まり、グリーン車に乗れるようになるのはありがたいです。

 

もる

もる

ふだん乗ることってないと思いますが、グリーンプログラムはグリーン車を体験できる良い機会になります!

 

友達や家族の分も割引価格で買える

実はEX予約では、他人のチケットも割引価格で購入可なんです。

家族や夫婦で旅行する機会が多ければかなりの節約になるので、 大きなメリットになります。

 

ただし複数の切符を買う場合はEX-ICカードで乗車できないので、窓口での切符受け取りが必須です。詳しくはこちら

 

もる

もる

以上より、迷ったら年会費1,100円かかるけどエクスプレスで良いと思います!

 

ベーシック⇔エクスプレスは切り替え可能

ちなみにベーシックとエクスプレスは簡単に切り替え可能です。

使っていて「やっぱり変更したいな」という場合は、電話一本で切り替えてしまいましょう。

 

切り替えは電話するだけ!

切り替えは以下の連絡先に電話をし、自動音声にしたがって申込書を請求すればOKです。

今持っているJ-westカードのブランドが

  • JCBの方 → 06-6945-6905
  • Visa/Mastercardの方 → 06-6233-2028

参考:J-westカード公式サイト

 

24時間受付なので、いつでも電話して切り替えできます。

ただし、以下の点に気を付けましょう。

 

切り替え前に予約した切符がある場合

切り替え前のカードで予約していた切符がある場合、窓口で切符を受け取る際に切り替え前のカードが必要になります

面倒ですが、切り替え後にも前のカードを破棄せずに持っておきましょう。

これは切符を窓口で受け取る場合なので、EX-ICカードでの乗車であれば問題ありません。

 

もる

もる

可能であれば、切り替え前の予約は避けた方が良いですね。

 

もし誤って破棄してしまった場合は、e5489にて切り替え後のカードを決済用カードとして追加登録し、予約を変更します。

すると切り替え後のカードで決済したことになり、新しいカードで受け取りができます。

 

ただし予約内容によっては変更できない場合もあるようなので、間違って破棄しないようにするのが一番です。

 

まとめ:J-westカードは迷ったらエクスプレス!

J-westカードのまとめ
  • ベーシックとエクスプレスの違いはEX予約が可能かのみ。
  • EX予約では東海道&山陽新幹線が割引価格で乗れる。
  • 新幹線の利用頻度でどちらが良いかを判断。
  • 迷ったらメリットの大きいエクスプレス
  • 契約後も切り替えは電話一本で可能!

またJ-westカードにはJR特急列車が割引になるという大きなメリットもあります。

 

詳しくは>>J-westカードの新幹線割引はどれだけお得?2年使ったメリット・デメリットでまとめています。

 

新幹線や特急列車に全く乗らないという方にはおすすめ出来ませんが、そうでない方は持っておいて損はないカードだと思います。

特に西日本在住の方はメリットがかなり大きいです!

便利でお得に鉄道を利用したい方は、ぜひご参考ください。

 

 

 

\人気記事はこちら/

 

もる

もる

徹底したリサーチと新しいモノが好きな機械エンジニア。
自分の備忘録兼、誰かの役に立てばという想いで記事を綴っています。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。