外出時のギガ節約をする方法はこちら|記事にて解説

【安定のゴールドジム】おすすめのリストストラップを3年使ったレビュー【比較あり】

4 min

こんにちは!もるです。

プル系のトレーニングにリストストラップは欠かせませんよね。

僕の愛用はこちらのゴールドジムのリストストラップ

3年ほど使っていますが、今でも現役という安心の耐久性!

本記事ではそんなゴールドジムリストストラップのレビューをしていきます。

画像つきでの使い方解説や、他ブランドとの比較もしているので、本記事を読めばリストストラップについてまるっと分かるかなと思います。

そもそもリストストラップってどういう時に必要なの?

MP

MP

という方は>>デッドリフトで握力がもたない人はリストストラップを使おうをご覧ください。

 

おすすめのゴールドジムリストストラップについて

ゴールドジムリストストラップの全体
名称ゴールドジム
リストストラップ G3500
発送重量86.2 g
長さ51 cm
サイズ1種類(フリー)
素材綿(ロゴはナイロン)
定価1,980円

ゴールドジムリストストラップの基本情報はこんな感じです。

「リストストラップといえばこれ!」と言えるほどメジャーな商品で、ジムでも使ってる人を多く見かけます

 

ちなみに僕は購入前にきっちり比較するんですが、その時のメモがこちら。

ブランド価格評価レビュー
Nof.1色¥3,480☆4.415件
RDX4色¥1,980☆4.5155件
GORILLA SQUAD4色¥1,880☆4.428件
YRGYM1色¥1,500☆3.974件
ゴールドジム2色¥1,441☆4.4812件
ハービンジャー6色¥1,029☆4.311,057件
ADi1色¥998☆4.037件
1DOT21色¥980☆3.8181件
RHYNO4色¥999☆3.870件

価格や評価は2021年3月に更新しました。

【選び方も解説】トレーニンググローブのおすすめ3選でグローブについてもまとめているんですけど、ゴールドジムブランドって結構高かったんですよ。

それはトレーニング用レザーベルトでも同じで、ゴールドジムは高いけど良いモノ(評価も良い)という認識でした。

だがしかし、リストストラップについては価格がかなり抑えられているんですよ!

  • 価格はそこそこ(最安値ではないが、数百円の差)
  • レビュー件数は2番目に多い
  • 評価も2番目に高い

という訳で、僕は安心のゴールドジムブランドにしました。

比較した中だと、ハービンジャーも安くて評価も高いのでアリかなと思います。

 

おすすめのゴールドジムリストストラップの使い方

ここからは実際にどのように使っているのか、画像つきで紹介していきますね。

おすすめのゴールドジムリストストラップの使い方

まずは写真のように穴に通して、輪っかを作ります。

 

その状態で手首に装着。

おすすめのゴールドジムリストストラップの使い方

僕はグローブも使っているため、その上から巻いてます。

 

ストラップが手のひら側にだらんと出ている状態にして

おすすめのゴールドジムリストストラップの使い方

 

バーの下側からストラップを巻いていきます。

おすすめのゴールドジムリストストラップの使い方

 

ストラップは重ならないよう、少しずつ位置をずらします。

おすすめのゴールドジムリストストラップの使い方

 

最後は手で強く握って抑えつけたら完了!

おすすめのゴールドジムリストストラップの使い方

注意点は、手首部分が緩すぎるとリストストラップの効果がなくなること。

そのためなるべくきつく巻くようにします

もる

もる

最後にバイクのアクセルのようにキュキュッと回すと、良い感じに締まります!

 

リストストラップを使うトレーニング

リストストラップを使うトレーニング

ここからは具体的に、どんなトレーニングでリストストラップを使うのか紹介していきますね。

リストストラップを使うトレーニング
  • デッドリフト
  • ベントオーバーローイング
  • ラットプルダウン
  • サイドベンド

デッドリフト

まずは言わずもがな、デッドリフト。

ゴールドジムリストストラップを使ったデッドリフト

トレーニングの中でも最も重い重量を扱うため、リストストラップが必須です。

>>デッドリフトでリストストラップを使うべき3つの理由でも解説していますが、リストストラップがないと握力の限界が先に来て、トレーニングの効率が悪くなります。

もる

もる

全身に負荷をかけられるので、背中トレの日は一番最初に行っています。

 

ベントオーバーローイング

そしてさらに広背筋を追い込むベントオーバーローイング。

ゴールドジムリストストラップを使ったベントオーバーローイング

重量としてはデッドリフトの半分以下と、そんなに重くはありません。

ただリストストラップありでも、デッドリフト後は握力が結構なくなってるんですよね。

そこでリストストラップを使うと、狙った広背筋をピンポイントで鍛えることができます!

 

ラットプルダウン

そしてみんな大好きラットプルダウン。

ゴールドジムリストストラップを使ったラットプルダウン

僕が通ってるジムでは、けっこう競争率が激しいマシンです(笑)

これも握力が負けがちなので、しっかりリストストラップを巻きます。

ただリストストラップだと少し巻きづらいんですよね。

もっと簡単に使いたいという方は、少し値が張りますがパワーグリップもアリです。

二つの違いについては>>リストストラップとパワーグリップの違いは?をご覧ください。

ただパワーグリップだと、保持力が小さくてデッドリフトには使うのは難しいんですよね。

そのため僕はリストストラップしか使っていませんし、それで十分だと思います。

 

サイドベンド

リストストラップは背中のトレーニングだけでなく、腹筋を鍛えるのにも使えます。

それがこちらのサイドベンド。

ゴールドジムリストストラップを使ったサイドベンド

このトレーニング、ものすごく腹斜筋に効くのでめちゃくちゃおすすめです!

リストストラップがないと、やっぱり握力がしんどくてより重い重量にチャレンジできないんですよ。

リストストラップを巻いで高重量にチャレンジすることで、「あ~ピンポイントで腹斜筋きたえてる~」というのがすごい実感できます。

 

ゴールドジムリストストラップの口コミまとめ

これまでは僕の個人的なレビューでしたが、最後に他の方の口コミもサラッと紹介していきます。

悪い口コミとしては「使い方を間違えていて効果がなかった」というものも。

少し慣れとコツがいるかもしれませんね。

ただ「初心者こそ使うべき」というのは本当に同感で、早い段階で取り入れてモチベーションや効率を上げていくのが良いかな、と思います。

 

おすすめのゴールドジムリストストラップまとめ

おすすめのゴールドジムリストストラップまとめ
ゴールドジムリストストラップまとめ
  • 安くて質が良い
  • 握力を気にしなくて良い
  • トレーニングで限界まで追い込める

せっかく筋トレするからには、効率よく鍛えたいですよね。

こういった筋トレグッズは一回一回のトレーニングの質を高めてくれるので、ちゃんと鍛えたいな~と思ってる方は、早いうちに買っておくのが良いかなと思います。

以上、愛用しているゴールドジムリストストラップのレビューでした。

▼今回紹介したゴールドジムリストストラップ

▼リストストラップはなぜ必要なのか?をまとめています

▼愛用しているジムグッズのまとめはこちら

▼最もコスパの良いプロテインをまとめています

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。