外出時のギガ節約をする方法はこちら|記事にて解説

【体験談】オートファジー生活のデメリット4つとメリット8つと変わらなかったこと2つ【1日1食】

8 min

こんにちは!もるです。

1日3食がっつり食べる生活から1日1~2食のオートファジー生活に変えて、早3ヶ月。

いや~食生活の影響ってものすごく、良いことも悪いことも含め、多くの変化が現れた3ヶ月でした。

そこでその実体験をもとに

  • 実際、どんな変化があったのか?
  • オートファジー生活のメリット、デメリットは?

という内容について、今回まとめてみました。

一般的にいわれている内容というよりは、あくまでも僕が実感した体験談になります。

感じたことや変化をかなり細かく書いていますが、お付き合いいただけると嬉しいです。

▼そもそも少食って何で健康に良いの?という方はこちら

▼オートファジーってどうすれば良いの?食べていいものは?という方はこちら

▼オートファジー生活におすすめの間食についてはこちら

オートファジー(1日1食)生活のデメリット4つ

オートファジー(1日1食)生活のデメリット5つ

まず大前提として、僕自身はオートファジー生活を最高の健康法だと確信しています。

ただ注意が必要なのが、知識がないまま実践してしまうと健康を害する恐れも大いにあるところ。

そのため実践前に、これから紹介するデメリットをしっかり認識して欲しいんです。

このデメリットはちょっとなぁ…

MP

MP

と思うなら、オートファジー生活はやめておきましょう。

同じだけ食べるなら太りやすい

まず一つ目は、同じ量を食べるなら3食に分けて食べるよりも1食にまとめて食べた方が太りやすいこと。

それは飢餓状態の体が、栄養を蓄えようとするからです。

だから大前提として、1日1食にするなら今までよりも食べる量を減らす必要があります。

ダイエット法として

一度にいっぱい食べずに、こまめに食べましょう!

MP

MP

と言われているのはそういった理由からですし、これが正しいのは間違いありません。

ただこの考え方は

食べる量が同じ

というのが前提に置かれているんですよね。

ぶっちゃけ、1食で3食分食べるのは物理的にムリです。笑

だから僕は、そもそも食べる量を減らすことになるから気にしなくてOKという考えです。

ただもし

できる限り食を楽しみたいから、たくさん食べて太らない方が良い!

MP

MP

と思うのであれば、オートファジー生活はおすすめできません。

というのもオートファジー生活は、太る太らないとかいうレベルの話じゃないんですよね。

少食が健康に良いという科学的事実に基づき、いかに食べる量を抑えながら必要な栄養素を摂取し、その限られた制約の中で食事を楽しむかというストイック健康法です。

結果的に痩せてしまいますが、ダイエット目的で気軽に取り組むのはおすすめできません。

デメリットも理解したし、健康のために取り組もう!

MP

MP

というスタンスで臨まないと、とにかく食べないことを重視して無理をする恐れがあるので、気をつけましょう。

オートファジーの効果は>>【最高の健康法】オートファジーのやり方・仕組みで、少食生活が健康に良い科学的な根拠は>>【大人の教養】少食と空腹が最強の健康法である理由でまとめています。

慣れるまではかなりお腹がすく

1日1食のオートファジー生活に慣れるまでは、かなりお腹が空きます。

これはかなりきつかったですね~!

体が3食がっつり食べることに慣れ過ぎていたので、最初の頃は朝食を抜いただけでかなりお腹が空きました。

そのため

といった間食をとにかく駆使。

おすすめの間食については>>【健康に良いものだけ】仕事中におすすめの間食6選をどうぞ。

こういった間食を空腹が気にならなくなる分だけ食べて、徐々に食べる量を減らしていきました。

そして最終的には、1日1食でも問題ないくらい空腹に慣れたといった感じです。

おかげで今では

  • 食べたい時には好きなものをお腹いっぱい食べられる
  • でも普段はそんなに食べなくても平気

という、無敵の体を手に入れることができました。

この空腹に慣れるまでが結構大変なので、ある程度覚悟して臨まないといけません。

でないとすぐに元の食生活に戻ってしまうか、食べないのがストレスになってしまうと思います。

筋肉が落ちる

またオートファジー生活を始めてから、筋肉ががっつり落ちました

実はもともと週3でジムに通っていて

  • ベンチプレス70kg
  • デッドリフト120kg
  • スクワット140kg

をこなせるくらい、結構しっかりめに筋トレをしていたんですよね。

筋トレインフルエンサーとして有名なTestosteroneの本は筋トレが最強のソリューションであるを始め片っ端から買っていましたし、>>エニタイムフィットネスのレビュー記事も書くくらい、筋トレオタクでした。笑

なので結構ガタイは良かったんですが、今では妻から

すごい細くなったね?

MP

MP

と心配されるほど筋肉が落ちました。

なので今ゴリゴリの体の人は、筋肉を維持しようと思ったらかなり工夫が必要になるので注意が必要です。

ちなみに僕の場合は

【週3でウェイトトレーニング】×【がっつり3食】

の生活から

【たまに家で自重トレ】×【1日1~2食】

という生活にガラッと変えた影響が大きかったのかなと。ジムでの筋トレを続けていればそこまで減らなかったかもしれません。

とはいえたんぱく質の摂取量はどうしても減ってしまうので、ゴリゴリの体を維持したい筋トレオタクの方にはあまりおすすめできません。

お腹いっぱい食べると今まで以上に眠くなる

また体の変化として感じているのが、お腹いっぱい食べた時に今まで以上に眠くなることです。

今までの眠さレベルを5とすると、7くらいの感覚ですかね。。

オートファジー生活をしていることで、体が血糖値の上昇に慣れていないからかな~と思っています。

良い面でいうと、基本的に夜しかがっつり食べないので、夕食を食べた後に良い感じに眠くなってきて夜は早く眠りにつけること。

悪い面でいうと、たまに友人とがっつりランチした後に、頭がぼーっとしやすくなることです。

ただ仕事の日などはご飯の量を控えめに調整すれば良いだけなので、そこまで気にはなっていません。

むしろオートファジー生活を始めてから、この頭がぼーっとする感覚がかなり減っているので、たまに出くわすと

昔はこの状態で仕事していたんだなぁ…

もる

もる

としみじみ思ったりもします。笑

オートファジー(1日1食)生活のメリット8つ

オートファジー生活(1日1食)のメリット8つ

それではここからは、オートファジー生活のメリットを紹介していきます。

先にざっとデメリットを紹介したのは安易な気持ちで取り組むと危ないよと伝えたかっただけで、僕自身はこの生活にかなり満足しています!

というわけでオートファジー生活を続けてどんな良い効果があったのか、見ていきましょう。

空腹を楽しめるようになり、ストレスが減った

オートファジー生活を始めてからは、空腹の時間も楽しめるようになり、ストレスもかなり減りました

というのも、今まではむしろ

空腹になると筋肉が分解されてしまう!

もる

もる

という考えだったんですよね。

なので空腹にならないように

  • 朝昼晩と3食しっかり食べる
  • 毎食ご飯は大盛
  • ナッツやチョコを常備していてすぐつまむ

と、とにかく食べまくってました。

それでも太らなかったのは、ジムで筋トレをして、たまにジョギングもして、筋肉量がかなり多く代謝も高かったからです。

たくさん運動して消費する分、たくさん食べよう!

という、今とは真逆の生活だったわけです。

なので昔は、食事にありつけられないのが結構ストレスだったんですよね。

例えばお腹が空いた状態で飲食店に並んだ時などに、

空腹で筋肉が分解されるじゃん、、並ばなくて済むそこのすき屋で良くない?(イライラ)

もる

もる

とか思っていました。

一方、今では空腹が健康に良いことを理解したので、ストレスが全くなくなって

良い感じに細胞が活性化してるう~!(ウキウキ)

もる

もる

と感情が180°逆転した感じです。笑

また

  • 筋肉を維持するために定期的に筋トレして
  • 体を大きくするためにたくさん食べて
  • たんぱく質も多く摂取するようにして
  • 食べた分を消費するためにまた筋トレして

といった終わりなき筋肉維持の旅に疲れ始めていたので、良いきっかけになったな~とも思っています。

食事の楽しみが増した

オートファジー生活を始めてから、食の楽しみがめちゃくちゃ増えました

夕食が今まで以上に楽しみになりましたし、よりおいしく感じて、食の喜びを本当に実感しています。

今までも食べることは大好きでしたが、どこか作業的な部分もあった気がするんですよね。

「とりあえず食べとかなきゃ」みたいな。

ただ今では朝昼は抑えているので、夕食に全集中するわけです。

すると

夜はおいしいもの食べよう!

もる

もる

となりますし、それまでの食事を抑えてる分、美味しさや満足感もひとしおなんです。

「空腹は最高のスパイス」とか「運動後の飯はうまい」とか色々ありますが、その状態を毎日体感している感じす。

食事に充てていた時間が生まれた

朝昼と食べない生活になったことで、一日の余暇時間がかなり増えました。

食事をする場合、食べるだけでなく準備や片付け、食べに行く移動の時間など、結構時間がかかりますよね。

僕の場合食べるのが遅いこともあり、毎食30分~45分くらいかかっていたので、それがなくなったのは時間的にかなり大きいです。

その分朝はゆっくりしたり、昼は自分の好きなことをしたりと、ゆとりある生活を送れるようになりました。

仕事の生産性が劇的に上がった

また僕が圧倒的におすすめしたいオートファジー生活のメリットが、日中の仕事の生産性が劇的に上がること。

詳細は別の記事>>空腹だと頭の回転が早くなるでまとめているので割愛しますが、空腹状態の方が頭が冴えるのは科学的にも示されているんですよね。

満腹になると血流が消化に使われたり、炭水化物を食べるとインスリン分泌で眠くなるので、

1日1食の生活は辛そうだしムリ!

MP

MP

という方は、昼食の量を減らすだけでも多少効果を実感できると思います。

ちなみにこの生活、テレワークとかなり相性が良いです。

僕はこのおかげで、早く仕事をこなせた時は休憩したり自分のやりたいことができるようになったので、より生活の質が向上しました。

宿便が出て体が軽くなった

ちょっと汚い話になりますが、オートファジー生活を始めて2~3日目くらいにえげつない便が出たんですよ。笑

ほんとに、今まで見たことないくらい黒くてヤバイ便でした。(食事中の方すいません)

調べると「宿便」といい、長い間腸に詰まっていた老廃物のようなんですよね。

便は大腸が作っているんですが、食べ過ぎると大腸の仕事が追いつかなくなり、食べカスが少しずつ腸の壁にこびりついていきます。

僕の場合、毎日3回の食事に間食までしていたので、それはもう大量の食べカスが腸にこびりついていたはずです。

その溜まった老廃物が

  • 胃や小腸への血流が少なくていい分、排泄臓器への血流が良くなった
  • そこへ食物繊維が効いて、汚れを洗い流してくれた

といった理由で排出されたようです。

実は腸って免疫機能においてめちゃくちゃ重要な臓器なので、汚れていると色々な不調・病気を引き起こすと言われているんですよね。

プラシーボ効果かもしれませんが、体が軽くなって調子が良い感じがしますし、便秘に悩まされることもなくなったので良かったなと思っています。

痩せて腹筋がバキバキになった

今度はおまけ程度のメリットですが、痩せて腹筋がバキバキになりました

お腹周りの脂肪が全てなくなったので、腹筋が目立つようになった感じです。

めちゃくちゃ筋トレしてた時よりも今の方が腹筋が目立つので、結局脂肪次第なのかと、少しやるせない気持ちになりましたが。笑

ちなみに先日の健康診断の結果では、去年よりウエストが6cmも細くなっていたので、脂肪の落ち具合がやばいです。

健康の不安がなくなり、生き方が前向きになった

あとは健康の不安がなくなったのもかなり大きいです。

これまで挙げたメリットの影響で、毎日のように

健康に生きてるな~!

もる

もる

と感じるんですよね。

そのうえで

  • 免疫力が高まる
  • 長生きできる
  • 細胞が若返る

といった、まだ実感しづらいメリットも後々効いてくるんだろうなと思うと、楽しみで仕方ないです。

この辺りのメリットについては>>少食と空腹が最強の健康法である理由で詳しくまとめています。

体だけじゃなく、心も健康になったのをものすごく実感しています。

またオートファジー生活を成り立たせるには

  • 食事
  • 運動
  • 睡眠

以上の知識を正しく実践する必要があるので、良い生活習慣を身につける良いきっかけにもなりました。

夫婦の仲がめちゃくちゃ良くなった

最後にかなり個人的な話になりますが、夫婦仲がめちゃくちゃ良くなりました。

実はもともと、妻とは食の好みが全く合わなかったんですよね。

僕は「肉!ラーメン!揚げ物!お菓子!」

一方で妻は「野菜!豆!魚!」

と、正反対でした。笑

なので外食の時などに困ることもあったんですが、まさかの僕の食生活が妻側に寄ることで、そんな問題が完全に解決したんです。

妻はもとから食に対する意識が高く、そういう好みだったようなんですよね。

僕も今では野菜の重要性を完璧に理解したので、毎日のように二人で体にいいものを食べる生活をしています。

オートファジー(1日1食)生活で変化がなかったこと

オートファジー生活にしてあまり変化がなかったこと

最後にオートファジー生活をしても、意外と変化がなかったことについて紹介していきます。

オートファジー(1日1食)生活にしてあまり変化がなかったこと

胃が小さくなる?

1日1食の生活をしていたら食べられる量が減るんじゃないか?

と思っていましたが、杞憂でした。

というのも、お気に入りの二郎系ラーメンでいつもギリギリで食べている量があるんですけど、最近それを注文したら今まで通り完食できたんですよ。

昔から通っていたラーメン屋が、まさかこんな形で役に立つとは思っていませんでしたが。笑

なので先にも述べましたが

  • 食べたい時には好きなものをお腹いっぱい食べられる
  • でも普段はそんなに食べなくても平気

という体になったので、わりと最強なんじゃないかなと思っています。

食費が下がった?

もう一つ。

1日1食なら食費がかなり下がるんじゃないか?

と思っていましたが、我が家の場合は意外と下がりませんでした。

事前のイメージでは4~5割くらい下がるかなと思っていたんですが、実際は1~2割下がったかな?という程度。

その理由は以下の2つです。

  1. 健康に良い間食のストックにお金がかかる
  2. いいものを食べるようになった

まず1日1食とは言っていますが、間食はめちゃくちゃしています

  • リンゴ
  • 納豆
  • ヨーグルト
  • ナッツ
  • 高カカオチョコ
  • サバ缶

辺りは常に常備されていて、空腹感が気になった時に、不足しがちな栄養素の補給用として食べています。

なので1日1食というよりは、1日1.5食くらいがイメージに近いかな?という感じです。

これらの健康食品の常備にそこそこお金がかかるので、それが一つ。

そしてもう一つが、「食事の回数を減らしたからその分いいものを食べよう!」というマインドです。

週1~2回の外食と、自炊用で魚などを買うようになったので、それが意外とかかるんですよね。

食べる量はかなり減ったんですが、大きく減ったのは単価の安い炭水化物(米・麺)というのも理由の一つだと思います。

安く済ませようと思えば安く済ませられると思うんですが、大量に食関係の本を読んだことで健康に良いものを食べたい欲求が高まってしまってるんですよね。

なので食費はあまり気にせず、カロリーの質を高めた食事を継続するつもりですし、それがおすすめです。

オートファジーのデメリット・メリットまとめ

オートファジーのデメリット・メリットまとめ
オートファジーのデメリット・メリットまとめ
  • 筋肉は落ちるしお腹が空くし慣れるまでは大変
  • でも食事の満足度と日常の幸福度が爆上がり
  • 生産性が上がり、時間も生まれる
  • 毎日健康に過ごせる
  • 難易度は高いが、確実に人生が好転する最高の健康法

以上、オートファジー生活を3ヶ月継続した体験談でした。

いろいろな変化がありましたが、総じて今は良かったと思っています。

ただ人によっては合う合わないがあるので、自分の体と相談して実践するようにしましょう。

本ブログでは20~40代ビジネスマン向けの記事を書いています。他の記事も読んでいただけると嬉しいです。

▼仕事のパフォーマンスを高め、太りにくい間食をまとめています。

▼コーヒーは一日何杯まで?何時に飲めば良い?を考察してみました。

▼髭剃りが面倒な方へ、ヒゲ脱毛をすべき理由を全力でまとめています。

▼知財検定、教養としてかなりおすすめです。

▼1kg1,500円で買えるコスパ最強のマイプロテインについてまとめています。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。